クリスマスカラーでコンタクト・眼鏡の検査

2016年12月22日 5:52 PM

 

お久しぶりです!

 

街中クリスマスモード一色ですね!!!(人´ω`*)♡

 

日本医歯薬専門学校もスノーマンが登場したりとクリスマスに向けて大盛り上がりを見せています!

 

 

 

スノーマン

 

 

クリスマスカラーといえばスノーマンのマフラーがそうであるように「」ですよね

 

実は眼科で、赤と緑を使う検査があるんですよ~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

IMG_3605

 

ね、いろいろあるでしょう~???

 

はじめてみるものが多いと思いますが、

 

皆さんに身近なものもあるんですよ!(⌒-⌒)

 

 

突然ですが、めがねやコンタクトを持っていますか??

 

まさにめがね・コンタクトを作成するための検査に赤と緑を使っているんです♪♪

 

 

じゃじゃ~ん

 

 

IMG_3601

 

 

眼科に行くと絶対にある、おなじみの視力表です!!!!!

 

これをだんだんアップにしていくと~??

 

IMG_3602

IMG_3603

 

ばば~ん

 

赤と緑の光の中にまるいマークがありますヽ(*^^*)ノ

 

視力検査をして、めがね・コンタクトの度数を決めた後、

 

「赤と緑のなかにある丸を見てください、どちらかはっきりしている方はありますか?」

 

と、検査員はみなさんに聞きます。

 

もしかしたら聞き覚えがあるかもしれませんね( ・◇・)

 

 

 

では何を調べているのでしょうか???

 

実はこれ、度数が強すぎていないかな??   という事をみているんです!!

 

度数が強すぎると眼に負担をかけてしまい、眼精疲労や頭痛などの原因になってしまいます。

 

 

患者さんが近視の場合、はっきりしているのが緑色であると、度数が強すぎて危険です!

 

というサインになります。

 

逆に、遠視の場合は赤色がはっきりしていると度数が強すぎているサインになります。

 

 

度数が必要以上に強いレンズを装用している状態を「過矯正」といいます。

 

 

もし、レンズが過矯正の場合はもう一度、度数を見直すために検査を続けます。

 

過矯正でなかったときは患者さんの見え方を聞いて、違和感が無ければこれにて度数が決定され、処方せんの発行に移ります。

 

 

 

以上、クリスマスカラーでコンタクト・眼鏡の検査のお話でした!(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^* )

 

 

今年も、残すところあとわずかになりました!

 

12月23~25日には視能訓練士 学科説明会を開催しております

 

視能訓練士に興味をもたれた方、是非遊びに来てくださいね∩( ´∀`)∩(っ´∀`)っ))

 

ご予約はこちらから!

 

今回のお話をもっと聞いてみたいと思った方!!!

 

来年は1月7日から学科説明会を開いております!

 

バレンタインなどのスペシャルイベントも盛りだくさんなので、足を運んでみてください♪♪♪

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

来年もどうぞよろしくお願い致しますヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 

良いお年を~~~