資料請求

オープンキャンパス

一般入試願書受付中

交通アクセス

ページ上部へもどる

目指すお仕事
「医療事務」とは

医療事務の働く場所と仕事内容

医療秘書の仕事は病院のどこの所属になるかによって主に行う業務がかわります。所属は、大きく分けて2つあります。

(1)医事課の所属(受付・会計等の事務系)
(2)看護部の所属(病棟事務や看護助手等)

※病棟事務(クラーク)は医事課所属の病院もあります。

医事課の仕事内容

診療報酬請求事務などの事務のほか、初診受付や入退院受付などを通じて直接患者さまと接する職場です。
医療保険の仕組みや、医療制度の概要、医療関連法規などの知識、レセプト作成点数計算、パソコン操作のスキルが必要です。

また、医師不足が深刻化する中で、今まで医師が行っていた診断書などの文書作成や、電子カルテへの代行入力、 医療の質の向上に役立つ事務作業など、医師の事務作業を補助する「医師事務作業補助者」という新しい職種も現在注目されています。

事務課の仕事内容

病棟の仕事内容

入院施設を有する病院では、病棟のナースステーションに「病棟クラーク」が配属されているところがあります。
入院カルテの整理や検査データや手術記録の保管、病棟内の物品管理など、医師、看護師の業務が円滑に進むよう、事務的な面でサポートしています。入院中の患者さまの不安を取り除いてあげることも大切な役割です。

病院によっては、小児病棟や産科病棟に配属されることもあります。
その場合は、乳幼児や妊婦の方をサポートしながらご家族とのコミュニケーションも必要となります。

事務課の仕事内容