資料請求

オープンキャンパス

一般入試願書受付中

交通アクセス

ページ上部へもどる

奨学金制度
卒業後返還

月々、ご本人の口座に振り込まれるため
学費だけでなく、生活費にも利用できます。

奨学金制度の種類

公的奨学金

日本学生支援機構・第一種奨学金
貸与額
  • 自宅:月額30,000円 または53,000円
  • 自宅外:月額30,000円 または60,000円
利息
申込時期 入学後、校内説明会を実施して、申込書を配布します。
日本学生支援機構・第二種奨学金
貸与額
  • 30,000円
  • 50,000円
  • 80,000円
  • 100,000円
  • 120,000円
から希望月額を選択
利息 有 上限3%
申込時期 入学後、校内説明会を実施して、申込書を配布します。
日本学生支援機構・入学時特別増額貸与奨学金
貸与額
  • 100,000円
  • 200,000円
  • 300,000円
  • 400,000円
  • 500,000円
から選択(入学時のみ)
利息 有 上限3%
申込時期 本校入学時に4月を始期として奨学金の貸与を希望し、日本政策金融公庫の教育ローンが不採用だった方に対し、4月の基本月額に定額を増額して貸与する制度です。入学後の説明会で、申込書を配布します。
東京都育英資金
貸与額 月額53,000円
利息
申込時期 本人及び保護者が都内に住所を有する方が対象。入学後、校内説明会を実際して、申込書を配布します。

独自奨学金

予約採用サポートシステム
貸与額
利息
  • 第一種 無
  • 第二種 有
申込時期 高等学校にて日本学生支援機構の予約採用の申し込みをしている方に限ります。予約採用は高校3年生および高校卒業後2年以内で進学受験のない方が、進学前に高校を通じて申し込みができる制度です。この制度は日本学生支援機構奨学金(上記をご覧ください)を利用し、奨学金の採用決定月額で授業料の分納支払をサポートするシステムです。毎月、ご本人の指定口座に振り込まれる日本学生支援機構奨学金を授業料に充当します。本制度のご利用を希望される方は出願前にお申し出いただき、分納申請の書類をお渡しします。また、本校にてお支払いプランのご説明を致します。

奨学金と教育ローンの違い

奨学金
申込時期 基本的に春時期(入学後4月)
  • 高校在学中、または高校卒業2年以内の方は高校を通して、入学前に申込ができる予約採用制度があります
貸与方法 月々ごとの貸与
どんな利用
方法がよい?
入学後に貸与が開始となるため、月々の生活費や翌年の学費貯蓄に有効
メリット
  • 借り手は、学生本人
  • 返済は卒業後(仕事についてから)
  • 学費以外にも利用できる
デメリット
  • 申請しても借りられない可能性がある
  • 第一種は審査が厳しい
  • 手続きが煩雑
  • 支給できるのは「卒業までの最短修業年限」
教育ローン
申込時期 入学前
合格前から仮申請が可能
(申込時もしくは、契約時に合格通知書が必要)
貸与方法 一括貸与
どんな利用
方法がよい?
入学時(初年度学費)などに有効
メリット
  • 手続きが奨学金に比べて簡略的
  • 本人を介さずに借りることができる
  • 必要な金額を一括で借りられる
デメリット
  • 奨学金に比べて金利が高い
  • 安定した収入がないと借りられない
資料請求