• アクセス
目的別に検索

オープンキャンパス

資料請求

医療事務になるには

医療事務のお仕事って?

医療事務の仕事は、病気で困っている患者さまをサポートしてあげられる、「縁の下のチカラ持ち」です。医療事務の仕事は一般事務の仕事ととはちがい、病院で行う事務作業全般です。

医療事務には大きく分けて4つの業務に分けられます。

  • 受付業務
    患者さまの会計で必要な事務作業を一手に引き受けていますが、最も大切な業務として診察券を発行したり、診察室への案内、診療代金の計算など、「患者さまがスムーズに診療を受けられる」よう準備します。受付は病院の顔でもあり、医療事務の仕事の中で、もっとも患者さまの対応が多い業務です。
  • 請求業務
    医事課では、患者さまの会計で必要な事務作業を一手に引き受けていますが、もっとも大切な業務として「レセプト」があげられます。患者さまに、どのような検査が行われ、どのような薬がが使われたか、診療内容をまとめたものです。患者さまからいただく費用3割と保険者が負担する7割の診療報酬明細書の作成と、診療報酬を請求するまでの作業のことです。
  • クラーク業務
    クラークは患者さまと医療スタッフとの橋渡し的な役割を担っています。外来の各科窓口や病棟の事務を担当する方たちをクラークと呼んでいます。外来では、受診の受付や、カルテの準備などを行っています。病棟では、入退院の事務の手続き、食事の手配からお見舞いの方の受付などを行います。
  • 医療秘書業務
    医療事務のレセプト業務以外にも医療事務の仕事があり、医療秘書と言っています。また、多忙な院長・医師に代わって様々な業務を行い、院長や医師が本来の業務に専念してもらう役割を「院長秘書」「医局秘書」「医師事務作業補助者」が担っています。


医療事務を目指すならこんな人が
向いています!

  • 人のために働きたい
  • コミュニケーションをとる仕事がしたい
  • やりがいのある仕事がしたい
  • コツコツとコンピュータ入力作業がしたい
  • 医師や看護師のサポートがしたい

医療事務は接遇のある事務スタッフです。
相手のことを思う、思いやりがある人。チームの一員として意識して働けるコミュニケーション力。
最低限のコンピューター知識とスキル。
医療機関で働く意識(社会人マナーとビジネスマナーとスキル)を持っている人。


医療事務の仕事はメリットがいっぱい

  • 経験ゼロからでも始められる
    経験ゼロからでも始められますが、専門知識、技能は求められています。診療報酬請求事務はしっかり勉強をして資格取得をしたほうが有利に就職ができるでしょう。
  • 全国どこでも働ける
    病院、診療所(クリニック、歯科医院)調剤薬局や医療関連の会社は全国にあります。また、共通して使える知識です。
  • 勤務形態が選べる
    医療事務の仕事は他の業種に比べて働き方を自由に選ぶことができます。「独身のうちは正社員」「結婚したからパートで」「子育てが終了したので経験を生かして正社員で」「派遣社員として」
  • 人のためになって、やりがいがある
    医師や看護師の仕事がスムーズに行えるよう手助けできる仕事です。また、病気で困っている患者さまに明るく接し、励まし、安心に導けるやりがいのある仕事です。

医療事務になるには

医療事務の仕事に就くには資格取得を目指しながら仕事の内容の学びを深めていくことが大切です。資格取得の学びには4つの方法があります。

  • (1)専門学校・短大・大学で学ぶ
    専門学校でも2年制(昼間部)、1年制(昼間部、夜間部)があります。
    日本医歯薬専門学校では、昼間の多くの時間、医療機関で働きながら夜間で学ぶことができます。1年間で資格取得と正社員での就職ができるのがメリットです。
    資格取得に向けての講座が充実しており、わからないところはすぐに聞けて、学べるところが資格合格率の高さにつながります。就職も活動のノウハウを提供し、業界とのつながりができているため、直接学校に求人が来ることも正社員で内定が取れる理由の一つです。
    卒業後もスキルアップの講座や再就職の相談が受けられることは専門学校に通う大きなメリットと言えると思います。また、1年制(夜間部)でどこよりも学費が安く、昼間の多くの時間を使って医療機関で働ける(枷ける・学べる)ところが良いです。
  • (2)通学講座に通う
    時間や場所の制限がないため、自分に合ったペースで学べますがスクールが近くにないと通えないのがデメリットです。
  • (3)通信講座を利用する
    学費は安いが自分で計画を立てて学ばなければならないので自己管理が難しいといえます。直接教えてくれる人がいないので、分からない事がすぐに理解できないこともデメリットといえます。
  • (4)独学で勉強する
    資格取得も就職も自分一人で行わなければならないので、強い意志が必要といえます。

医療事務と医療秘書の違い

医療事務の仕事は、広い意味で医療の専門職であるドクターや看護師のサポート業務であり、受付・窓口業務、医事課、外来クラーク、病棟クラークのすべてが医療事務の業務です。この業務の中でもレセプト業務に関しては非常に専門性が求められることから、レセプト業務以外の医療事務の仕事を医療秘書業務といしている医療機関もあります。また、「院長秘書」「医局秘書」を「医療秘書」ととらえている病院(総合病院、大学病院病院)もあります。

医療事務として働く

医療事務として働ける場所

働く場所によって、自分が行う仕事の内容が変わってきます。

  • 病院
    大学病院、総合病院
  • 診療所・クリニック
  • 歯科医院
    歯科医院はクリニックに含まれますが、医療は医科と歯科に分かれ、歯科には歯科医や歯科衛生士もいます。歯科医院では医療事務と歯科助手が兼任のところが多くみられます。
  • 調剤薬局
    医師は処方箋の記載のみで、院内では薬を出さず、薬の調剤は薬剤師が調剤薬局で行うというのが医薬分業。受付や調剤報酬請求は医療事務職員が行います。
  • 派遣

夜間1年間で医療機関への就職を目指すなら

  • WorkStyle(卒業生インタビュー)
資料請求