資料請求

オープンキャンパス

一般入試願書受付中

交通アクセス

ページ上部へもどる

情報公開

学校の概要、目標及び計画

基本情報

学校名:日本医歯薬専門学校
所在地:東京都杉並区高円寺南2-44-1
連絡先:Tel 03-5377-2200 info@ishiyaku.ac.jp

開校の目的

日本医歯薬専門学校は、建学の理念(実学教育、人間教育、国際教育)の実践と、4つの信頼(学生からの信頼、高等学校からの信頼、業界からの信頼、地域からの信頼)を得ることを目指し、職業人教育を通じて社会に貢献することを目標としています。
そして、日本医歯薬専門学校では、「働きながら学ぶ」ことで実際の現場で即戦力となるために必要な「サービスマインド」や「チームワーク力」などの「現場力」を持った医療サービスの担い手を養成することを目的としています。

建学の理念

建学の理念とは、学校の教育に対して持っている基本的な考え方です。
すべての授業・研修・学校行事等この理念をベースに組み立てられており、学校にとって大変重要な考え方なのです。

実学教育

(1)実学教育とは

各々の業界で活躍することを夢見ている学生諸君にとって、その業界で仕事をするための基本的な技術であり、知識であります。
また、資格を取得する必要がある場合は、それに合格しうる技術・知識を習得してもらうことを何より大切と考えています。
即戦力となる為に学力(技術力・知識力)を磨くわけです。一時間といえども無駄な授業はありません。まず、出席すること、そして授業に没頭することが大切です。

人間教育

(2)人間教育とは

いかに技術的に優れていても人間性に欠けていたら決して信頼される人間にはなりません。学校には、“今日も笑顔であいさつを”の標語がいたるところに掲示されています。
笑顔のあいさつから一日が始まり、人と人とのコミュニケーションが始まります。
むずかしい社会のしきたり・きまりも相手を尊敬し、信頼するあたりまえの簡単な行為からときほぐされていきます。
授業・研修等の種々のカリキュラムを通じて人の大切さの精神を育み、心の問題を考え社会人としての基本的なマナーはもちろん、ビジネスマインドをしっかり持ち、社会人としての身構え、気構え、心構えをしっかり持った人材の育成に力をいれています。

国際教育

(3)国際教育とは

21世紀はボーダーレスの時代といわれています。あらゆるジャンルにおいて外国の方々とビジネスをする事が普通のこととなるでしょう。また、インターネットの利用も急激に増えることでしょう。国際化=英会話とのみ考えるのではなく、コミュニケーションの手段として英会話(英語理解力)は大切な要素となりますが、相手のことを考え、相手の国のことを考えることも大切なことです。同時に自国のこと(歴史・文化・伝統)、自分のことを良く知り主張できることも大切です。つまり国際的な感性を学び知ることの方がもっと大切です。
留学生との交流・海外研修・英会話授業・インターネット利用等を通じて国際性を高め、国際的な感性を身につけてもらいます。

沿革

1988年 3月 学校法人日野学園認可。東京都認可の専修学校「日本医歯薬専門学校」 として発足。開設学科は医療秘書科、歯科秘書科。
4月 生命工学技術科を設置。
1991年 3月 杉並区高円寺に地上6階地下1階、最新設備を備えた新校舎 完成。移転。
4月 歯科アシスタント科、薬業科を設置。
1993年 病院管理科を設置。
1996年 コース制を導入。
2004年 滋慶学園グループのグループ校となる。
2007年 歯科衛生士科(3年制・昼間部、夜間部)を設置すると共に厚生労働省認定の歯科衛生士養成校となる。
2008年 開校20周年を迎える。
2009年 登録販売者夜間学科を設置。
2010年 学科呼称を医療秘書学科、登録販売者学科Ⅰ部・Ⅱ部、歯科衛生士学科Ⅰ部・Ⅱ部と整理する。
2012年 4月 こども心理学科を設置
2013年 学校法人日野学園、歯研会学園、東京生命科学学園、赤堀学園が合併し、学校法人東京滋慶学園として発足。
2015年 医療秘書学科・登録販売者学科Ⅰ部が職業実践専門課程として指定

学校長略歴

日本医歯薬専門学校  学校長 須田 英明

各学科等の教育

各学科の入学定員・養成目的(平成27年4月1日現在)

学科名 定員 養成目的
医療秘書学科 40名 実務経験を積み重ねることで、地域医療と超高齢社会に順応した医療事務業務ができる。 また、人材育成ができる力や状況に応じた医療サービスへの提案力を兼ね備えた医療スタッフとなる。
歯科衛生士学科Ⅰ部 70名 歯科衛生士としての目標を自ら定め、その達成に必要な知識や技術を常に高めようと意識して行動できる歯科衛生士を養成する。
その結果、特に予防医療の普及、向上に生涯に渡って携わることができる歯科衛生士となる。
歯科衛生士学科Ⅱ部 70名 歯科衛生士としての目標を自ら定め、その達成に必要な知識や技術を常に高めようと意識して行動できる歯科衛生士を養成する。
その結果、特に予防医療の普及、向上に生涯に渡って携わることができる歯科衛生士となる。
登録販売者学科Ⅰ部 40名 常にお客様の立場になって考えた接客応需ができる「サービスマインド」と「チームワーク」で、店舗を運営できる登録販売者となる。
医療実務学科 40名 医療事務コース:実務経験を積み上げ、地域及び超高齢化社会にも対応できる医療事務スタッフとなる。
登録販売者コース:薬業界において「チームワーク」「サービスマインド」を発揮し店舗運営、管理のできる登録販売者になる。
こども心理学科 40名 医療保育の現場でこどもの心に寄り添い、発育発達を促し、病気や怪我の対応と、保護者支援が出来る保育士・幼稚園教諭となる。

教育システムとカリキュラム体系

教育システムとカリキュラム体系

PCP教育システム

PCP教育システムとは、入学前から卒業後までの一貫した人材育成のためのシステムです。入学前に自分の夢や将来の仕事を見出し(自己発見)、在学中にその夢の実現に向けて変身していき(自己変革)そして卒業後あこがれの職場でプロとしての自分を完成させていく(自己実現)。そうしたプロセスのことです。

PCP教育システム

MMPプログラム

本学園のカリキュラムは、自立したプロの職業人として業界で活躍するために必要な能力である「モチベーション(動機づけ)」「ミッション(使命感)」「プロフェッショナル(職業的な智恵)」という3つの能力を修得する教育プログラムで構成されています。

PCP教育システム

教育スケジュール

教育スケジュール「主な教育スケジュール」(143KB)

資格取得一覧

資格取得一覧はこちらから
(リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/getajob/shikaku/

主な就職先実績

主な就職先一覧はこちらから
(リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/getajob/jobsupport/inresults/

教職員

教職員数 (平成27年4月1現在)

当校には専修学校設置規定並びに歯科衛生士養成所指定規則に基づき、下記の教員を配置しております。

学校長・副校長 教員(本務者) 教員(兼務者) 事務職員・学校医
学校長1名
副校長1名
19名 95名 9名

キャリア教育・実践的職業教育

キャリア教育への取り組み

当校では、「働きながら学ぶ」教育システムを導入していますが、特に入学前のプログラムにキャリア教育の視点を盛り込み、「入学前教育」として構築しています。「働きながら学ぶ」ために学科ごとに必要な医療人としてのマナーや、知識、技術などを「働きながら学ぶセミナー」として実施し、職業観を身につけることに役立てています。

目的 歯科衛生士学科
働きながら学ぶセミナーテーマ
技術講習会
テーマ
第1回 業界を知る ~歯科衛生士とは?~
歯科衛生士の働く場所と業務内容
歯科用ユニットの取り扱い
診療器具の取り扱い
第2回 職種(仕事)を知る ~どんな歯科衛生士になりたい?~
これから求められる歯科衛生士像
歯科材料の取り扱い(セメント)
レントゲン撮影補助
第3回 「働きながら学ぶ」を知る ~働きながら学ぶこと~
学業と仕事の両立について
歯科材料の取り扱い(印象材)
カルテ管理
第4回 就職活動スキルを学ぶ ~医療人として働くために~
医療人に必要なマナーと心構え
歯科用ユニットの取り扱い
診療器具の取り扱い
第5回 相互支援的環境の形成 ~将来の夢に向かって~
3年間の学校生活について
歯科材料の取り扱い(セメント)
レントゲン撮影補助
第6回 信頼の形成 ~国家試験100%合格を目指して~
国家資格を取るための学習方法
歯科材料の取り扱い(印象材)
カルテ管理
目的 こども心理学科
働きながら学ぶセミナーテーマ
第1回 業界を知る イシヤクこども心理学科の「保育」を体験しよう!
第2回 職種(仕事)を知る 「音楽」や「読み聞かせ」を通じて「保育」をしろう!
第3回 「働きながら学ぶ」を知る 「私たちが目指す職種を知るⅠ・保育人としての心得~業界講演会~」
第4回 就職活動スキルを学ぶ 「私たちが目指す職種を知るⅡ・保育人としての心得~ピアノ講習会~」
第5回 相互支援的環境の形成 「私たちが目指す職種を知るⅢ・保育人としての心得~ピアノ講習会~」
第6回 信頼の形成 働きながら学ぶ教育システムとその流れを知る
目的 医療秘書学科/登録販売者学科
働きながら学ぶセミナーテーマ
第1回 業界を知る 「医療・薬業」という世界を知ろうⅠ
第2回 職種(仕事)を知る 「医療・薬業」という世界を知ろうⅡ
第3回 「働きながら学ぶ」を知る 「私達が目指す職種を知るⅠ」社会人としての心得
第4回 就職活動スキルを学ぶ 「私達が目指す職種を知るⅡ」デュアル実習の心得
第5回 相互支援的環境の形成 「働きながら学ぶ」教育システムとその流れを知るⅠ
第6回 信頼の形成 「働きながら学ぶ」教育システムとその流れを知るⅡ

就職支援の取り組み

就職サポートはこちら
(リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/getajob/jobsupport/)

様々な教育活動・教育環境

教育活動

<歯科保健指導>
当校では歯科衛生士学科の開講以来毎年、「地域との関わり」を大切にし近隣の「保育園」や「小学校」にて保健指導を行っております。
当校の歯科医師や歯科衛生士と共に歯科衛生士学科在校生による「歯みがき指導」や「フッ素塗布」を行っております。

保育園歯みがき指導

保育園歯みがき指導

小学校保健指導

小学校保健指導

教育環境

校舎・設備紹介はこちら (リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/school/facilities/

学生の生活支援

当校では、通学生はもとより、地方からの進学でも安心して学校生活を過ごして頂くために様々なサポートシステムを完備しております。

入学前サポート

イシヤクの「働きながら学ぶ」がよくわかる説明会 「ワーク&スタディ説明会/デュアル実習説明会」

都合に合わせて自宅での学習が可能  「e-ラーニング(J-WEB)」

医療人・社会人としてのマナーを学ぶ  「医療人マナー講座」

初心者でも大丈夫 「技術講習会」

業界や職種について学ぶ  「業界・職種理解講座」

入学後の授業がイメージできる  「模擬授業」

コミュニケーションの大切さを学ぶ  「グループワーク」

入学前の不安・疑問が解消できる  「個別相談」

小学校保健指導

技術講習会
歯科衛生士学科

小学校保健指導

グループワーク
医療秘書学科

小学校保健指導

技術講習会
こども心理学科

小学校保健指導

医療人マナー講座
登録販売者学科

在学中のサポート

「働きながら学ぶ」に合わせた時間割  「カリキュラム」

安心して「働く」ための環境づくり  「業界と学校との連携」

ロールプレイング形式で「働く」を学ぶ  「実習前・実習後教育」

理解度を向上させるためのフォローツール  「コマシラバス・小テスト」

現場と連携して授業内容を組む  「現場⇔授業 連動プログラム」

業界のプロになるための現場力を養う  「プロ養成講座」

年4回の定期試験で学習進度を細かくチェック  「クォーター制」

グループワーク形式で事例の問題解決を図る  「現場事例研究」

その他のサポート

学生相談室(スクールカウンセラー)

キャリアコンサルタント

就職サポート

学費サポート

学生寮

慶生会クリニック(内科/歯科)

滋慶学園グループでは楽しく充実した学校生活を日ごろより“健康な体”でおくるために学園校医である慶生会クリニックが入学から卒業まで健康をサポートします。
保健診療の場合、学生割引制度が適応となり負担金が免除されます。

学生納付金・就学支援

当校の納付金は募集要項の定めにより入学前より確認することができます。
また、様々な学費支援制度を完備しております。

学生納付金情報

昼/夜 年限 性別 定員 初年度学費
歯科衛生士学科Ⅰ部 3年制 女子 70名 95万円
歯科衛生士学科ⅠⅠ部 3年制 女子 70名 75万円
こども心理学科 3年制 男女 40名 55万円
医療秘書学科 2年制 女子 40名 65万円
登録販売者学科Ⅰ部 2年制 男女 40名 65万円
医療事務学科 1年制 男女 40名 35万円

※諸費用・教科書代が別途必要となります。 (リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/enter/

学費サポートシステム

奨学金制度:日本学生支援機構/東京都育英会
教育ローン:日本政策金融公庫 他

(リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/enter/expenses/

学費減免制度

本校で学ぶことを強く望み、学力あるいは職業適性に高い能力を持つ方に対して「特待生制度」を導入しています。「実技特待生」と「筆記特待生」があり入学金や授業料の免除が受けられます。免除対象は初年度のみです。

対象学科:歯科衛生士学科Ⅰ部、歯科衛生士学科Ⅱ部、こども心理学科、医療秘書学科、登録販売者学科Ⅰ部

種類 歯科衛生士学科Ⅰ部
歯科衛生士学科Ⅱ部
医療事務学科
特待生A 300,000円 100,000円
特待生B 100,000円 50,000円
特待生C 50,000円 20,000円

リンク先:http://www.ishiyaku.ac.jp/enter/expenses/

学校財務

【東京滋慶】監査報告書(39KB)
東京滋慶学園収支計算書(42KB)

学校評価(平成26年度)

自己点検・評価

自己点検・自己評価(363KB)

自己点検・評価

学校関係者評価委員会報告書(142KB) 学校関係者評価委員会評価結果及び結果を踏まえた改善方策(377KB)

国際連携の状況

海外研修

約一週間の海外研修で国際的な視野を養います。
※海外研修の内容・訪問地は年度により異なります。

歯科衛生士学科 アメリカ(ハワイ)

こども心理学科 デンマーク(スヴェンボー)

医療秘書学科 タイ(バンコク)

登録販売者学科 アメリカ(サンディエイゴ)

その他

災害時非常時の対応

平成23年3月11日の東日本大震災では、その後発生した巨大津波により、 広い範囲で甚大な被害が発生し、多くの人命が失われました。
日本では、今後もまだ大きな地震の発生が予測されていますが、災害はいつ発生するか誰も予告することは出来ません。震災の教訓から、学生並びに関係者に下記の対応マニュアルを作成、周知しています。

<災害非常時マニュアル> 平成27年4月1日現在

地震発生の場合

(1)地震の際(震度5以上)は、揺れが来る直前に館内放送にて緊急速報が入ります。    あわてずに避難に向けた準備をすること。

(2)授業中の場合は、講師や校内放送の指示に基づき、机の下等に身を寄せ、落下物から身を守ると共に    使用中の火気器具などの始末を行い、出入り口を確保すること。

(3)休憩中の場合は、ガラス窓などを避けて身を伏せ、校内放送による指示を待つこと。

(4)校舎外への避難開始は、周囲の状況にもよりますが、原則として教職員や校内放送の指示に従い、勝手な行動は行わないこと。

(5)通常対策として窓の周囲には物は置かないこと。

(6)学校外で震度5以上の地震が発生した場合は、「安否確認システム」によって安否を確認します。全員必ず登録をして、安否確認メールが届いたら返信をすること。

(7)避難場所は以下の通りです。

1) 第1次避難場所(最寄の避難場所)  杉並第八小学校

2) 第2次避難場所(広域避難場所) 善福寺川緑地公園

避難区域

安否確認システムの登録について

学校所在地の都道府県で、震度5以上の地震が発生した場合、携帯メールで災害情報と共に無事を問い合わせるメールを配信します。この「安否確認システム」に返答することで、安否情報を確認します。全員必ず登録をして、安否確認メールが届いたら返信すること。
※登録をすると、学校からの安否確認メールのほか、緊急連絡システムにも自動的に登録されます。

火災発生の場合

(1)使用中の教室で火災が発生した場合は、電気器具等の使用はすぐ中止する。

(2)火災を発見したら、すぐ近くの火災報知機のベルを押すこと。

(3)避難は非常放送及び教職員の指示に従って落ち着いて行動すること。

(4)火災発生の場合は、すみやかに屋内、屋外の各非常階段から避難すること。

(5)火災発生時は、エレベーターは絶対に使用しないこと。

防災訓練・防災知識

学校では、定期的に防災訓練を実施しています。
訓練の機会を通して防災意識を高め、将来仕事に就いた際には、プロとして人命を守る立場になることを意識してください。
判断力や体力のある皆さんは、災害時に地域防災に貢献することもできます。卒業後の職場でもリーダーとして活躍が出来るようAEDの使用方法を身につける、防災士資格を取得するなど、より専門的な知識や技術を学ぶことにぜひチャレンジしてください。
・消火器の使い方を知っていますか?
・消火栓の扱い方を知っていますか?
・火災による煙を避けた避難方法を知っていますか?
・AEDの使い方を知っていますか?
・止血の方法を知っていますか?
・骨折時の応急処置方法を知っていますか?

防災訓練 消火器の使い方

防災訓練 消火器の使い方

AEDの使い方 上級救命講習

AEDの使い方 上級救命講習